ポスター

井の頭線が登場するポスターを集めてみました。現在では1000系が出る事が多いようですが、「京王のあゆみと共に」の
パスネット発売により、ポスターに歴代の車両を見ることが出来ます。

在籍車両が300両を突破した昭和41年に掲出されたもので、
記念乗車券も発売されました。同じ写真がコピーして並べてあり、
車両のナンバーはありません。この年の増備で3000系はレインボー
カラーが出揃いました。(3000系は着色加工でレインボーカラー
が表現してあります)
昭和59年に京王帝都電鉄時刻表が発売された時に掲出された
もので、パイオニア台車を履いた3706Fが6731Fと共に副都心
のビル郡をバックに写っています。(車両は写真に着色加工した
ものです)
平成4年に8000系がデビューした当時、車内等に掲出されたもので、
井の頭線旧型車では写真のクハ500の他に京王線転出後の
デハ1715がありました。戦前の永福町工場(左側のドーム状の建物)
脇をすれ違う情景がなんともいい感じです。
こちらも8000系デビュー時に掲出されたもので、テレホンカード
にもなりました。レインボーカラーの並びがちょっと違う(右の2本
が左にあれば順番通り?)ですが、原型正面が並んだ今では貴重
なシーンです。平山研修センター公開時に廊下にこのポスターの
特大サイズがあり、圧巻でした。
グリーン車が全て3000系に置き換わった昭和59年春に掲出
されました。車両はイラストですが、3000系のヘッドライトや正面
窓位置等のバランスが絶妙です。「うまい!」 ナンバーは全て3000
になっています。
昭和59年夏に掲出されたもので、クハ3723号の山側の
サイドビューです。京王線がまだ100%となっていないのは、
当時まだ2010系と5000系非冷房車が走っていた為で、
バスに至ってはまだ半数近くが非冷房でした。
平成8年に1000系がデビューした時に掲出されたものです。
駅に4枚連続で貼られていたインパクトは強烈で、正面の写真
を切り抜いて1000系デビューの記念乗車券のPRに使っていた
駅もありました。(この時点でまだ実車の無いベージュとスカイ
ブルーもCGで描いてあります)
 上のポスターの車内掲示版で、吊広告ではなく肩部に掲出
  してありました。材質は厚紙です。